最近自分を○○たのはいつですか?言葉だけで脳力を上げる方法

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は
直接英語には関係ないですが、
脳や
心身にとっても大事で、
間接的にも
英語に関わってくる
脳科学のお話を!

とつぜんですが、
最近ご自身をほめたのっていつですか?

自尊感情が高い方だと

「もうしょっちゅうです!」

っておっしゃるかもしれません。

とってもいいことだと思います(#^.^#)

 

 

でもね、
ほとんどの方、
特に頑張り屋さんで、
周りのことを考えて行動する方だと

自分のことをほめるっていうよりは

「こうしなきゃ」
「こうあらなければ」

って自分を律する、
もしくは
責めがちになってしまう
方が多いんじゃないかな?

って思います。

何を隠そう私がそうです。
長女で育ったからか、

無意識に我慢することが
当たり前になっていて、

本当は
違う気持ちがあるのに
周りのことを考えたりして
心を押し殺していることが
多かったです。

でもそういうのって
いつか限界を迎えるから、
爆発した時が
怖いんですよね(;^_^A

これといった
原因がなくても、

イライラしちゃったり、
不安になったり、
そんな自分を責めて、
さらに落ち込んだり・・・

かえって
よくないんですよねぇ。

 

自分を責めるのはよくない。

でも、

ほめるのも、
なんだか難しい。

気を使いいの人の
ジレンマですが、

脳科学者である
澤口俊之さんによると、

「ほめる」行為によって
脳で分泌させる
ドーパミンが
決断力や
思考力を上昇させ、

モチベーションアップや
能力の向上に
役立つんだそうです。

ドーパミンが出たら、
家事や
仕事の
パフォーマンスもあがるし、

英語へのやる気も
出てきそうです(#^.^#)

さらに、
リハビリの権威である
ブルース・ドプキン教授によると、

脳損傷を受けた患者も
ほめることによって
身体能力の回復が速まることも
確認できているそうです。

ほめられると
身体も
癒されちゃうんですね!

ほめたら
モチベーションも上がるし、
身体も癒される!

その「ほめ」には
ちょっとしたコツが
あるそうなんですー。

ちょっと
長くなったので、
続きは次回!

 

Photo by Kenan Kitchen on Unsplash

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です