「英語が単語単位でしか出てこない」を解消するには?

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

このメールレッスンの
最初の方で

「日本語脳と英語脳」

についてお話したの、
覚えてます??

そこでは、

文を作る時の

英語と日本語の語順の違いについて
ちょっと触れてます。

「英語が話せない」

という日本の方の中で、

「単語単位でしか出てこないんです」

Photo by Gaelle Marcel on Unsplash

っていう方が多いのは、

この

【英語の語順】というのが
頭に入ってないというのが
大きな原因です。

 

例えば、

私は犬が好きです。

と言いたい。

もうね、
ここまで私のブログを
読んでくださってる方は
大丈夫かなとも思うんですけど、

これを日本語の語順で
そのまま英語に変換すると、

I dog like.

になっちゃいますよね。

正解はなんですか??

はい。

I like dogs.になります。

dogが複数形になるのは、
犬全般が好きだからですよー。

これは簡単な文ですけど、

英語で文を作るためには、

【英語の語順】というのを
理解しておくっていうのが
すごく大事になります。

 

日本語って、
語順をあまり重要視しない言語です。

さっきの文にしても、

私は犬が好きです。

って言ってもいいし、

私は好き、犬が。

って言ってもいいし、

犬が好き、私は。

って言ってもいいんですよね。

会話だと特に、
思いついた順に言ってたりすると、
語順がもっとばらばらになります。

語順が自由な日本語に
慣れている私たちの脳は、

英語を話すときにも
そんな要領で
単語を思いついた順に
ばらばらに出力してきます。

そして、それが
口からそのまま出ちゃうと、

単語単位でしか話せない、

っていう状況に
なってしまうわけです。

 

でね、

それを解消するには
メールレッスンの
最初の方でも言いましたけど、

【日本語脳を英語脳にしていく】、

つまり、

日本語の語順バラバラ文を
作っていた脳から、

通じる英語の語順の文を
作る脳に

変換していく必要があるわけです。

日本語は
語順はバラバラでOK!
な言語なので、

それこそ
無数のパターンを覚えないと、
日本語ってマスターできません。

英語の語順のパターンはね、
実は・・・

基本は

「5つ」なんですよー!

その5つの語順のパターンを
覚えておけば、

単語単位でしか
出てこなかった英語が、

きちんと文として
口から出てくるようになります。

ふふふー。

いいでしょう笑

というわけでね、

明日から数日にわたり、
その5つの語順パターンって言うのを
ご紹介していきますね。

=====

 

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です