英語の語順パターン5の3「だれが、どうした、だれに、何を」

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

はい、
今日も続きです。

テーマは

【だれが、どうした、だれに、何を】。

だんだんコアの部分が長くなってきました!

例えば、

He gave me a book.
彼は僕に本をくれた。

Photo by Daria Shevtsova on Unsplash

 

 

とか、

Mary is teaching a boy English.
メアリーは男の子に英語を教えています。

とか。

そういう文ですー。

「僕に」「本を」

「男の子に」「英語を」

と言う風に、

いわゆる「目的語」が2つ入っているのが
特徴です。

 

この文章も
他の追加情報の順番が
ゆるーく存在します。

★★★★

だれが
どうした
だれに
何を
どのように
どこ
いつ
なぜ

★★★★

なので、

He gave me a book on my birthday.

(だれが、どうした、だれに、なにを、いつ)

というような文になるわけですー。

=====

今日のパターンで使われる動詞は
あんまり多くありません。

tell(伝える)
show(見せる)
lend(貸す)
send(送る)
teach(教える)
buy(買う)
get(手に入れる)
make(作る)
cook(料理する)
find(見つける)

他にもあるんですけど、
これらがよく使われるので
覚えちゃうといいかもですー。

=====

さてさて、

語順パターンも3つまで来ました!

残りはあと2つです(#^.^#)

 

=====

 

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です