町がまるごと英語のテキスト!

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

元々日本は
英語の表記がそこここに
見られたりする国ですが、

オリンピックのあおりも
あって、
さらに英語表示が
多くなってるんじゃないかな?
と思います。

地域によっては
中国語、韓国語表記も
あったりと、

表示を見ることで
その地域に
どんな人が集まりやすいのか、
というのも
透けて見えて面白いところでも
あります。

(人間観察好きとしては、
 「じゃあどうして
  その国の人に人気なんだろ?」
 と深入りしたくなる笑)

=====

私達、
母語は日本語ですから、

表示や指示が
日本語で書いてあれば
当然そっちを読んで
理解して行動しますね。

今まではそれで
もちろんいいんですけど・・・

もし
時間的な余裕があったら、

【英語の表記も
 読んでみる】

っていうのを日課にしてみると
面白いです(#^.^#)

――

例えば、

「ああ、この
 『ボタンを押す』っていうのは
 『press the button』
 って言うんだね」

とかってインプットするのもいいし、

「『押す』って他にも
 『push』もあるけど、
 それとはどう違うんだろう?」

とそこから派生して
調べてみると
さらに英語力がアップします。

(このpress と pushは
 以前メルマガに書きましたね。)

=====

表記を書く人が
英語に堪能な方ばかりじゃないので、
間違えている場合も多いのが
ちょっと注意ですが・・・

同じ表現を
何度も
似た場面で目にするとしたら、
それは正しい表現の
可能性が比較的高いので、

それはインプットしても
いいかもです(#^.^#)

町がまるごと
英語のテキスト!

と考えれば・・・

なんでも
学習のタネになります★

それこそ、

ちょっと前に書いた

「英語が勝手に飛び込んでくる!」

そんな感じですー。

自分の住む、
変わらないと思っていた町が

がらりと
違う表情を見せてくれる。

そういう体験、
ワクワクしませんか(#^.^#)?

 

Photo by Erik Eastman on Unsplash

 

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です