おさらい前置詞【for】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は前置詞のおさらいですー。

テーマは【for】です。

 

まず、

【for】と混同されがちな
【to】との違いについて。

1.I went to Tokyo.

2.I left for Tokyo.

この2つの文の違い、
分かります?

まあね、

wentとleftが違うよ!
っていうのはあるんですけど(;^_^A

【to】が目的地に着く
っていうのが
前提になってるのに対して、

【for】は
目的地の方面に行くけれども、
実際に着くかどうかというのは
焦点を当てられてません。

なので、

1.私は東京に行った

2.私は東京に向けて出発した

こんな感じになります。

 

★★★★★

【for】は「・・・を目的にして」というイメージ

★★★★★

先ほど出てきた文章のように
場所にも使えますし、

他にも意味が派生して、

「・・・に相当する」

「・・・のために」

みたいな意味も出てきます。

例文を見ると
分かりやすいですね。

早速行きましょう。

 

1.目的を表す【for】

They are saving money for the trip.
=彼らは旅行のために貯金している。

こんな感じで

「・・・のために」

と言う風になる【for】は、
皆さん使いやすいんじゃないでしょうか。

他にも

I’m waiting for the bus here.
=私はここでバスを待ってます。

みたいにも使えますね。

 

2.目的地、対象に向かう【for】

モノが目的地や対象に向かうことを
【for】を使って表せます。

日本の駅でも英語のアナウンスが
流れるようになりましたが、

よくこう言ってることがありますよ。

This train is bound for Tokyo.
=この電車は東京方面行です。

それから、

This is a present for you.
=これはあなたへの贈り物です。

Photo by Lina Trochez on Unsplash

 

これもよく使われますねー。

 

他にも

【for】は

期間を表したり、
関係を表したりと

多岐な活躍をする前置詞です。

もしよかったら、
調べてみてくださいね(#^.^#)

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です