同じ「間に合う」でも?【in time と on time】その2

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

昨日から

「間に合う」という表現について
お伝えしてます。

昨日は

【in time】でした。

今日は

【on time】!

【in】と【on】の違いを
感じながら、

理解していきましょう(#^.^#)

=====

★★★★★

【on time】は、

「時間通りに」

という意味がある

★★★★★

【on】のイメージは、

「接触している」

でしたよね!

なので、

予定されていた時間に、

ぴったりと何かの事柄が

接触している、

という場面を思い浮かべてください。

つまり、

何かの事柄の終了タイミングと、

その事柄の完了予定タイミングが

ぴったり接触しているイメージです。

それを踏まえて
例文いってみましょうー。


We finished our task on time.
=私達は仕事を予定通り終えた。

 

Photo by Markus Spiske on Unsplash

仕事が終わったのと、
その仕事の終了予定が
ぴったり接触している、

締め切りぴったりに終わった!

ということですねー!

ちなみに、

【on time】には、

締め切りが過ぎた後についての
イメージはありません。

あくまでも終了タイミングだけに
焦点が当たっている感じですー。

=====

いかがでしたか?

【in】と【on】の
違いを踏まえた、

「間に合う」の表現の違い、

感じていただけましたか?

ここで1つクイズです。

【just in time】

【right on time】

この2つの表現の違いは
何でしょう??

答えは、明日です(#^.^#)

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です