【just in time】 と 【right on time】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

昨日のなぞなぞ、

【just in time】 と 【right on time】の違い、

皆さん考えていただけましたか?

早速答え、

行っちゃいましょうねー。

 

【just in time】

 

I arrived the office just in time.

It’s starting to rain.

 

Photo by Vyacheslav Beda on Unsplash

【in time】
には、

「何かが起きる前に
 出来事が終了している」

という意味がありましたよね。

そして、

★★★★★

【just in time】には、

「ギリギリで間に合う」
「何かが起こるちょうど前に」

という意味があります。

★★★★★

例文の場合は、

私は雨が降る直前に
ギリギリ、
会社に着いた。

と言う風な
ニュアンスになります。

 

【right on time】

The guest arrived right on time.

【on time】には、

「時間ちょうどに」

という意味がありましたね。

これが、

【right on time】

になることで、

「時間ぴったり」感を
さらに強調している感じになります。

なので、

お客は、予定時間ぴったりに着いた。

こんな風に訳すことができます。

=====

いかがでしたか?

【in time】

と 

【on time】

のコアのイメージを感じつつ、

さらにちょっと進んだ解釈も
お伝えしましたよ!

よかったら、
心に留めておいてください(#^.^#)

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です