【同じ「見る」でも?】look, watch, seeの違い③

おはようございます。
英検3級レベルから始める
オトナの女性のやり直し英語
オンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです(#^^#)

 

 

今日は「見る」を
表す英単語の【see】を
解説していきますね。

seeの「見る」のイメージ、

 

それは、

★★★★★

自然と目に入ってくる

★★★★★

です。

 

 

目を開けていると、
いろんなものが
視界に入ってきますね。

意識せずとも、
自分の周りにあるものが
見えます。

これが【see】です。

 

基本的な使い方としては、

You can see the great night view from here.
(ユゥスィィザグゥレイトナイッヴュー
 フゥロムヒァ)
=ここからは素晴らしい夜景が見られますよ

と言った感じ。

Photo by Paul Gaudriault on Unsplash

 

夜景って
視界全体に広がる光景ですから、
何かしら一点に注目したり、
動くものに注意を向けたり、
っていうわけじゃないですね。

【see】という動詞を使うのが、
適切です。

コアのイメージはつかめました(#^^#)?

では、【see】の
主な使い方に行ってみましょう。

 

1.見かける

偶然会った場合であるとか、
会って話をした、
という場合にも、
【see】を使うことができます。

 

 

例えば、

I saw him yesterday.
(アイソゥヒムイェスタディ)
=昨日彼を見たよ。

と言う風になります。

 

 

 

2.映画を見る

映画館で映画を見る。
大きなスクリーンが
視界いっぱいに広がっている状態も、
【see】で表します。

 

 

I see 3 movies in a month.
(アイスィィスゥリィムゥヴィーヅ
 イナマンス)
=私は一か月に3本映画を見ます。

 

 

テレビなどの小さい画面で
映画を見る場合は、
watchを使ってもいいですね。

 

3.理解する

【see】を使って、
「理解する」っていう
文章・・・思いつきます?

そうです、

I see.
(アイスィー)
=わかりました。

ですよね。

これも、
実際に何かが見えているわけではないけれど、
物事の全体が
(イメージで)見えた、
把握できた、
という意味合いがあるのです。

これ、日本語だと

「わかりました」と

過去形になっているからといって、

I saw.
(アイソゥ)

とは言えません。

日本語で「わかりました」
という意味がそもそも、

I see.

というんだ、と覚えておいてくださいね。

=====

さて、
いかがだったでしょうか(#^^#)?

同じような意味の動詞、

どの場面でどれを使うんだろう?

と迷っていると、

話す機会を逸してしまうことも
ありますね。

でもこんな風に違いが分かっていて、
表現もいくつかインプットしておくと、

自信をもって話すこと、
聞いたときに理解することが
可能になります。

また別の動詞でも、
こんな風に違いを紹介していきますね。

では、また次回(#^^#)

=====
無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/willlanguage

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
https://55auto.biz/will-language/touroku/entryform10.htm

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です