同じ「しなければいけない」でも?【must とhave to】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

 

今日は
似たような意味の
違いを明らかにしようという
コーナーですー。

学生のとき、

「~しなければいけない」

must

have to

と習いましたね。

そして、

これを入れ替えて文を作る
なーんていうのを
やった方もいるでしょう。

実はこの二つ・・・

結構違う意味合いがあるんですよ。

 

★★★★★

mustは自分の意志で

★★★★

例えば、

「英語を勉強しなきゃいけない」

のが、

「海外旅行に行きたい!」

「仕事で活かしたい!」

っていう自分から出た理由なら、

I must study English.

になりますねー。

 

Photo by Thought Catalog on Unsplash

 

★★★★★

have toは外的要因

★★★★★

「英語を勉強しなきゃ!」

の理由が、

「会社の指示で・・・」

「親に言われて・・・」

っていう感じで

外的要因だった場合は、

I have to study English.

になりますー。

 

「おおー」っと
思っていただけましたか?

実は

この両者、

否定文にしたり、
命令文にしたりするとまた、
意味合いが変わってくるのですよ。

もし興味があったら、
調べてみてくださいね(#^.^#)

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です