おさらい前置詞【of】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は
前置詞のおさらいですー。

テーマは【of】。

「・・・の」

と訳されることが多いですね。

前置詞の中では
ちょっと
目立たない存在かなぁって
思うんですが、

なんのなんの。

結構使えますよー。

 

1.全体と部分を表す

カーペンターズの名曲、

「Top of the world」。

ここに
【of】が入ってますね。

topは、頂点

the worldは世界。

「世界の頂点」

と訳すのは難しくないですね。

で、やっぱり

【of】は「の」と訳される。

この場合、

topって、

the worldの中の、

top。

ある世界があって、
その中の頂点であるということ。

ある世界があって、

全然別個のところに
頂点があるわけじゃない。

全体と、その部分。

これを表すのが

【of】です。

こんな感じで、
例えば、

I’ll leave for N.Y
on the 4th of April.
=私は4月4日に
 ニューヨークに出発する。

(4月が全体、4日が部分)

みたいに言うことが
できます。

ちなみに

top of the worldって、

世界の頂点って言う意味のほかに、

「天にも昇る最高の気分」

っていう意味もあります。

カーペンターズの歌は、
この意味ですね。

 

Photo by Ben White on Unsplash

 

2.所属を表す

ジョニーデップが
大活躍した映画、

「Pirates of the Carribean」。

ここにも【of】が登場してます。

この名前のアトラクションが
ディズニーランドにありますね。

日本語で
「カリブの海賊」。

ここも、「の」と訳されてます。

で、この【of】は

所属を表してます。

海賊ってどこにもいる
(その舞台でね)
中で、

「カリブ海にいる」
あるいは
「カリブ海出身の」
海賊なんですよ、

ということを言っている
ということ。

あ、

映画関係で思い出しましたが、

Leonardo DiCaprio
レオナルドディカプリオ。

Diって、
イタリア語の
【of】。

「カプリ島のレオナルド」

っていう意味なんですよー。

これと似た感じで、
ヨーロッパ系の苗字は、

所属を表す
【of】の意味の
言葉が入ってるのが
結構あります。

=====

今日は英語だけじゃなくって、
イタリア語も
ちょいと挟んでみました笑

(たまたま
 思い出しただけ!)

若かりし日の
ジョニーデップと
レオナルドディカプリオが
兄弟役で出てる、

「ギルバート・グレイプ」

っていう映画、
おススメです。

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です