同じ「痛み」でも・・・?【pain, sore, ache】

おはようございます、
英検3級レベルから始める
ホントに聞ける・話せるようになる
オンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は、

同じような単語なんだけど、
実は意味が違いますー。

っていうのを
やりましょう。

今日のテーマは「痛み」

 

早速行きますよ!

 

1.pain

★★★★★

painは

「鋭い痛み」を

表す

★★★★★

I have a pain in my arm.

=腕に痛みがある

Photo by rawpixel on Unsplash

と言う風に、

haveと、

in 場所

を使います。

また、

同じ意味の文を、

My arm is painful.

のように言い換えることも
できますよ。

2.sore

★★★★★

soreは

ひりひりとした
炎症の痛みを

表す

★★★★★

のどがなんか、
痛いなぁ・・・

そういう時って、

のどが炎症を起こしてるとき、
ですよね!

なので、

I have a sore throat.

と言ったり、

My throat is sore.

と言ったりします。

soreは、

傷による痛みにも使えます。

3.ache

★★★★★

acheは、

断続的に続く
鈍い痛み

を表す

★★★★★

 

頭痛=headache

胃痛=stomachache

歯の痛み=toothache

どれか1つ、
聞いたことのある方も
いるかもしれません。

こんな風に体の部分と、

acheをくっつけて
使うことができます。

I have a headache.

=頭痛がします。

のように表現しますよー。

ちなみに

acheの発音は「エイク」です★

=====

いかがでしたか?

旅行先などで急な痛みに襲われたとき、

薬局や病院などで

正確に症状を伝えるためにも、

覚えておくと便利だと思います!

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です