実は使える【過去進行形】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は
中学英語の
おさらいをしつつ、
さらに理解を深めて
使える英語に
もってこー!

のコーナーです。

テーマは
【過去進行形】ですー。

 

1.過去形との違いって?

まずね、

過去形と

過去進行形の違いって

覚えてます??

I slept at 9 PM yesterday.

は、

「私は昨日九時に寝ました」

という過去のことを言ってます。

昨日
9時に寝た、

そして今は寝ていない、
過去のことであるということ。

もっというと

8:59には起きていたけど、
9:01には寝ていた、

ということです。

これが過去形

そして、

I was sleeping at 9 PM yesterday.

be動詞の過去形と
動詞のing形を組み合わせて、

「私は9時の時点で寝ていました」

Photo by Annie Spratt on Unsplash

 

と、

過去のある時点で
継続した動きのあることを
言う時に使うのが、

過去進行形です。

もっというと、

寝始めた時間は
もっと早かったかもしれないけど、

少なくとも9時の時点では
間違いなく寝ていたということを
意味してます。

過去形っていうのは、
過去のある1時点だけの動作を表し、

過去進行形っていうのは、
過去の1時点の前後も含めているか、

というわけです。

 

2.ちょっと進んだ使い方

さっきの例文ですと、

「過去進行形+時間」

という構成でしたね。

他に、

「過去進行形+過去形」

っていういい方もできるんですよー。

例えばね、

I was reading when you called me.

(君が電話をくれたとき、
 僕は本を読んでいた)

電話をくれたという一時の行為と、
本を読んでいるという、
過去の1点の前後に及ぶ行為を
1つの文に表すことができます。

過去進行形と過去形をつなぐのが
when。

過去形の方にくっつけます。

この二つの時制は
入れ替えることもできます。

When you called me, I was reading.

過去形が先に来るときには
その部分が終わった時に
コンマを入れます。

 

いかがでしたかー。

過去進行形、
ちょっと身近に感じて
もらえましたかね(#^.^#)

日本語でも、

同じような言い方を
するから、

なるほどーって
思ってもらえたかも
しれませんね★

 

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です