実は使える【現在進行形】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

中学校英文法を
おさらいしつつ、
オトナにも有効な
表現を学んでいこう!

のコーナーです。

 

今日のテーマは【現在進行形】。

 

では早速行ってみましょう。

 

1.今進行中の動作を
  表す

【現在進行形】

って

★★★★★

今していることを表す

★★★★★

文でしょ?

と思ったあなた。

正解です。

この定義は皆さん
覚えてますよねー。

 

 

I’m still working on it.

=まだこれをやってるんだ。

 

タスクとか、
食事とか、

取り掛かっている事柄が
まだ終わってない時に
言うことができる表現です。

レストランとかで、

「お下げしましょうか?」

と言われて、

「いえ、まだです」

と言う時にも使えますよ。

 

2.すでに予定が決まっている
  少し先の未来のことを表す

未来のことを表す表現は、
学校では

「will」を使うという風に

習ったかと思います。

でも、

★★★★★

【変更の予定がない未来のこと】

については、

「will」よりも、

現在進行形を使った方がいいです。

★★★★★

例えば、

I’m going to Germany this summer.

=この夏、私はドイツに行きます。

 

Photo by Jordan Sanchez on Unsplash

すでにチケットも買っているし、
ホテルも予約してあるし・・・

そんな風に

予定がいろいろと決まっている。

そんなときは、

現在進行形がしっくりきますよ。

 

3.直後の行動について表す。

例えば、

今バスに乗っていて、
次のバス停で降りる。

こんな風に

★★★★★

現時点から
時間の間がなく
すぐに起きることも

現在進行形で表せます。

★★★★★

ちなみに

先ほどの文を英語にすると、

I’m getting off at the next stop.

となります。

=====

いかがでしたか?

現在進行形の
バリエーション、

ちょっとつかめましたか(#^.^#)

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です