同じ「押す」でも・・・?【pressとpush】

おはようございます、
英検3級レベルから始める
オトナのやり直し英語
オンライン英会話レッスン講師
伊藤しほこです。

 

今日は
似たような英単語でも、
実は違う意味があるんですよー。

というコーナー。

取り上げるのは

【pressとpush】です!

早速まいりましょう。

 

まずはpressから。

 

★★★★

pressは、

「圧力をかける」

という意味

★★★★

 

 

ぐっと力をかける、

という意味のある

【press】。

なので、

例えば

「Please press this button.
 =このボタンを押してください」

と言う時には、

【push】ではなくて

【press】を使いますよー。

たぶん、

今まで

【push】使ってた人も多いと
思いますが・・・

 

 

それから、

圧力をかける、という意味で、

アイロンをかけるというのも
【press】
を使えるのです。

「あなたは家でシャツにアイロン
 かけます?
 =Do you press your shirts
at home?」

こんな感じです。

あ、よく日本語でも

「プレッシャーがかかる」

って言いますよね。

これも、

目に見えない圧力で
ぐーーっと押されてるから、

「プレッシャー」なんですよ。

「I don’t handle pressure well.
=私、プレッシャーに弱いんです」

こんな風に言うことができます。

 

 

さて、次は【push】です。

 

Photo by Tim Mossholder on Unsplash

★★★★★

【press】は

「前方に押す
 力を加える

という意味です

★★★★★

【press】は

押し付けることに
注目が置かれますが、

【push】は

押す「力」の
意味が強いです。

例えば腕立て伏せ。

あれって英語で

「push-up」

って言います。

腕を曲げてからの、

ぐっと体を持ち上げる力を
感じますねー。

それから、

「何かを誰かに強いる」ときも、

【push】を使います。

例えば、

「He pushes me to get married.
=彼が結婚しろって迫るのよ」

とか。

この言い方、

他にも

「Don’t push yourself too much.
=無理しすぎないでね」

という風にも言えます。

【push】の「強いる」
という意味で、

あなたは
自分自身に常に何かを
強いているから、

それをしすぎないでね。

つまり

無理をしないでね

という風になるわけですねー。

=====

いかがでしたか?

今まで勘違いして、

【pressとpush】を
使っていた方もいると思います。

それから、

日本にある英語表示も、
これが混乱して使われている
時も結構あります。

気を付けて見てみてください。

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です