意外と使える【That is…】

おはようございます^^
オトナの女性のやりなおし英語、
オンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

さて今日も、
中学校で学んだ
英語表現を使って、

大人の私たちにも役に立つ
表現をお伝えします^^

今日の表現は、

 

【That is…】

Photo by João Silas on Unsplash

です。

 

 

前回は、【This is…】について
使える表現をお伝えしましたが、

今回の【That is…】もなかなか、

いわゆる「使えない英語」という
くくりで語られることが多いですね!

 

This がこれ=近いもので、
That があれ=遠いもの。

 

基本的にはこれなんですが、

実はこれはこれで、
結構使えるんですよー!

今日はその中でも3つをご紹介。

★★★★★

①遠くにあるもの・人について話す
②つまり・・・と要約する
③一言申すとき

★★★★★

 

 

では早速始めましょうー。

 

 

①【遠くにあるもの・人について話す】

基本的にこれは、
【This is…】でお話したものと一緒。

This is のときには
近くにあるものでしたが、
That is のときには
遠くにあるものについて説明できます。

 

 

例えば、
浅草の街のシンボルといえば・・・
あの、奇妙な形をしたビル!!

神谷バーのところにいた海外の方が、
「あの変なビルはなあに?」
と訝しげ。

そこで【That is】を使って、

★★★★★

“That is a beer company’s
building.”
(ザッティザ ビァカンパニィズ
 ビルディン)
=あれはビール会社のビルですよ

★★★★★

外国の方にいきなり会社名を言って
通じるかが不明なので、
その会社の代表商品や代表サービスを
companyの前につけて言うといいでしょう。

 

 

他にも、

旦那さんや友人と海外旅行へ。
旦那さんが飲み物を取りに行っている間
ビーチで友人と話していると、
海外の方が会話に加わってきました。

「あなたは誰と旅行に来ているの?」
と聞かれ、
「主人や友人と来ています」
と答えるあなた。

外国の方は、友人を見て、
「では彼がご主人?」
と言いました。

その時ちょうど、
少し離れたところに
飲み物を持った旦那さんが
歩いてくるのが見えました。

そこで、【That is…】の出番!

★★★★★

“No, he is not my husband.
That is my husband.”
(ノォ、ヒーズナッマイ
 ハズバン。
 ザッティズ マイハズバン)
=いいえ、彼は夫ではありません。
 あれが私の夫です。

★★★★★

遠くにあるものや人にも、
Thatをつけることができますから、
こんな風に表現することもできますね。

 

②【つまり・・・と要約する】

【That is…】には、
「あれは」、という意味の他にも、
「というのはつまり」、
という要約する意味もあります。

なので例えば、

ビーチでの会話が続いていて、
今度は
「あなた達はいつここへ?」
と聞かれました。

「先週の火曜日、8月24日です」

と答えたいとき!

【That is…】が使えます。

★★★★★

We came here last Tuesday,
that is, August 24th.

(ウィィケィムヒァ
 ラスチューズディ。
 ザッティズ
 オゥガストゥ トゥウェンティ
 フォース)
=私たちは先週の火曜日、
 つまり8月24日に来ました。

★★★★★

 

では最後ー。

 

③【一言申す】

 

例えば、
「それはいいアイディアだね!」
「その通りだね!」

ポジティブな意見を言いたい時には、

★★★★★

That’s a good idea!
(ザッツァグッアイディーア)
=それはいいアイディア!

That’s right!
(ザッツゥライッ)
=その通り!

★★★★★

That’s は、ご存知のとおり、
That is の省略形です。

 

 

また、
「それはちょっと正しい方法
じゃないんじゃない?」
「それは大変だね」
などと反対したり、同情したりするとき。

★★★★★

That’s not the right way, maybe.
(ザッツナッザ
 ゥライトウェイ、
 メイビィ)
=それはいい方法じゃないかもね

That’s too bad.
(ザットゥーバッド)
=それは大変だね

★★★★★

相手の意見を否定するときには、
“That’s not the right way!”
(それはいい方法じゃない!)
と真っ向から意見するよりも、

maybe などをつけて、
表現を和らげるといいですよ。

この【一言申す】言い方は
ほんとうにたくさんあります。

映画などでも、
誰かの意見に感想を述べる場面などで、
聞けるかもしれません^^

=====

ちなみに前回、
マイケルジャクソンの
“This is it!”
の表現をご紹介しましたが、

“That’s it.”にも
「それだよ、それ!」
というどんぴしゃのものに言う
表現の他に、

「これで終わり」
「以上です」

という締めくくりの意味があります。

ケーキ屋さんで
ショーケースの中からケーキを選び、
「他にはございますか?」
と店員さんに聞かれて、
「それで以上です」
と答えるときに使えたり、

喧嘩をしている子供たちの
襟首をつかまえ、
「もうおしまい!」
と通告したりする時にも
使えたりします^^

=====

どうですか?

【That is…】も
以外に使えますよね^^

では今日はここでおしまい。

That’s it for today.

また明日をお楽しみに^^

 

=====
無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/willlanguage

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
https://55auto.biz/will-language/touroku/entryform10.htm

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です