実は使える【This is…】

おはようございます、
オトナの女性のやり直し英語
オンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

今回は、
中学校英語をやり直しつつ、
オトナの会話に耐えうる表現を学ぼうの
コーナーです。

 

今日の表現は、

【This is…】

Photo by Janis Oppliger on Unsplash

これを聞いて思い浮かぶのは、

“This is a pen.”
(これはペンです)

じゃないですか^^??

 

 

英語が苦手な方はよく、

「私、This is a pen.
 くらいしか言えないのよー!!」

なんて言って、

『使えない英語の代名詞』
みたいになっている表現です^^;

 

 

でもこの
「これは○○です」

って実は!!
結構使えるんですよ^^。

今日はその中でも、
以下の3つをご紹介しましょう。

★★★★★

①人を紹介する
②モノの概要を伝える
③電話対応

★★★★★

 

 

では早速①の、

 

 

【人を紹介する】

 

から。

初対面で海外の方に会った時。
あなたは家族や友人と一緒にいるとします。

ご自分の名前、言えますか??

そうです^^

″My name is ○○.”
ですよね。

で、次は隣にいる旦那さんを紹介したい。

そこで、
【This is…】が登場します。

★★★★★

“This is my husband, ○○”

★★★★★

husband(ハズバンド)は、
「旦那さん」という意味。

○○には旦那さんの名前をいれてください。

息子さんなら、
my son(マイ サン)
娘さんなら、
my daughter(マイ ドーター)

友人なら、
my friend (マイ フレンド)

同僚なら、
my colleague (マイ カリーグ)

などなど。

★★★★★

【This is】
の後にあなたとの関係を表す単語を入れ、
その後にその方の名前を入れるだけ。

★★★★★

これで、相手の方にお連れの人が誰なのか
紹介することができます^^

 

では②の、

 

【モノの概要を伝える】

 

です^^

甘味処であんみつを食べて休憩していたら、
観光客らしい外国の方達が入ってきました。

あなたの隣に座った彼らも、
「あんみつ」を頼みました。
しばらくしてあんみつが来ましたが・・・

あんこをスプーンですくって、
なにやら訝しげな様子。

「これ、なんだろうね?」
なんて、英語で言っているのが
聞き取れました。

そこで、【This is…】の出番!

★★★★★

“This is ANKO.
Sweet red bean paste.”
(ディスィズ アンコ。
 スゥィート ゥレッビーン
 ペースト)
=これはアンコです。
 甘い豆のペーストです

★★★★★

あんこ、と名前を言うだけでも
いいのですが、
その後に、

 

【それがなんのジャンルに入るのか?】
【どんな風にできているものか?】
【材料はなんなのか?】

 

という概念を伝えると、
より喜ばれます^^

 

 

例えば、

手ぬぐいなら、
Japanese handkerchief
(ジャパニーズ ハンカチーフ)
=日本のハンカチ

たたみなら、
Grass mat
(グゥラァス マット)
=草のマット

みそなら、
Salty bean paste
(ソルティー ビーンペースト)
=しょっぱい豆のペースト

などなど。

他にもいろんな説明の仕方がありますが、

★★★★★

彼らの文化圏にもあるものになぞらえていうと、
理解してもらえる確率が高くなります^^

★★★★★

 

 

例えば日本酒。

あれに似ているものといえば?

そう、ワイン^^

なので、
日本酒ってなに?
と言っている外国の方がいたら、

 

This is Rice wine.
(ディスィズ ゥライスワイン)
=これはお米のワインですよ。

と教えてあげられます^^

 

では最後の③。

 

【電話の応対】

 

です。

会社の取引先(外資系!)に、
電話をかけることになったあなた。

プルル・・・カチャッ
相手が会社名を言って出ます。

さて、あなたは開口一番、
「わたしは○○です」と英語で
言いたい!

こんな時にも、
【This is 】が使えます^^

★★★★★

“This is ○○ from 会社名.″
(ディスイズ ○○)
=会社名の、○○と申します

★★★★★

面と向かって会うときには、
自分の名前は

“My name is○○.”
とか、

“I’m ○○.”

といいますが、

電話口ではそれは言わず、

【This is 】を使うのが一般的。

なんてことのない1テクニックですが、
知っていると便利です^^

 

それからおまけ!

マイケルジャクソンの
“This is it.”
映画も有名になりましたね。

あの映画でのこのセリフの意味合いは、
「これで最後。」
という意味なのですが、

もともとのThis is it.の意味は、
「まさにこれ!」という意味。

ずっと
「こんなバッグが欲しい!」と
妄想していて、
まさに目の前に、イメージ通りのものが!

そんな時に、

“This is it!”
(ディスィズィット!)
=まさにこれ!!!

と使えます^^

=====

いかがでしたか??
意外と使える
【This is…】
活用してみてくださいね^^

これからも、
中学英語表現で、
大人でも十分活用できる表現を
お知らせしていきます^^

あなたのThis is it!
が見つかる一日になりますように。

いってらっしゃい^0^

 

=====
無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
https://peraichi.com/landing_pages/view/willlanguage

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
https://55auto.biz/will-language/touroku/entryform10.htm

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です