【実は使える】時の副詞節when(未来形、現在形)

 

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

【実は使える】
コーナーも、

結構レベルが高くなってきてます。

今日は

時の副詞、whenを使って
ちょっと長めの文を作っていきましょう!

 

1.whenと未来

ある時点での行動や出来事が、
別の出来事と同時に起きているとき。

whenでその二つの出来事を
つなげることができます。

例えば、

日本で知り合ったアメリカの方に

「今度アメリカに行くときには
 メール(電話)しますよ!」

って言いたい。

そんな時は

I’ll text(call) you when I go to the U.S!

と言えばいいですね。

日本語の文と同じように、

アメリカに行く

I go to the U.S

連絡する

I’ll text(call)you

と二つの文を作って、

「アメリカにいく『とき』」
だから、

when I go to the U.S

とwhenをくっつければいいわけです。

でね、
ここで1つ注意。

「アメリカに行く」というのは
いつか分からないけど、
未来のいつかではありますよね。

だけど、
時の副詞節、whenをつかう時には
whenの後は未来形にはならないんです。

だから、

I’ll call you when I will go to the U.S.

とは言えないんですねぇー。

 

2.whenと現在のこと

海外の方と行きつけの
レストランで談笑中。

「ここではいつも何を頼むの?」
と聞かれました。

「私はここに来たら、
 ステーキを頼むんです」

と言う時に、
whenが使えます。

I order a steak when I come here.

 

Photo by José Ignacio Pompé on Unsplash

whenがくっついてない方の
文章が現在形になるときは、

【習慣、いつもすること】

を表しますよー。

 

ちょっと長くなったので、
続きは次回!

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です