おさらい前置詞【with】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

 

今日は前置詞のおさらい。

テーマは【with】です。

「・・・と」

という意味が一番に思い浮かびます?

それも正解なんですけど、

実はかなり使える前置詞なんですよ。

早速行ってみましょー!

 

1.「伴って」「お供」の【with】

先ほどの
「・・・と」
のイメージに一番近いかな。

She went to movie with her daughter.
=彼女は娘と一緒に映画に行きました。

I don’t take milk with my coffee.
=私はコーヒーにミルクは入れません。

 

Photo by Nathan Dumlao on Unsplash

I have no money with me right now.
=今持ち合わせがないの。

Are you with me?
=(話に)ついてこられてる?

一緒、という意味以外にも、

ある追加の状況や物事を

「伴っている」、

もしくは何かに

「伴っている」

という感じです。

 

2.原因を表す【with】

 

The cat was shaking with fear.
=その猫は怖くて震えていました。

He turned red with shame.
=彼は恥ずかしさで顔を赤らめた。

こんな感じで、

文の最初の方の状況が
どうして起こったのかという
「原因」を
【with】を使って表すことができます。

 

 

3.道具や材料を表す【with】

これも、

【with】の

「・・・と」

というイメージから派生してきますね。

「・・・でもって」

と言う風になるでしょうか。

Let’s make soup with seaweed and miso.
=海藻と味噌でスープを作りましょう。

(つまり味噌汁のこと!)

は素材、

First, we cut seaweed with scissors.
=初めに、はさみで海藻を切りましょう。

は道具としての【with】ですね。

====

いかがでしたか?

前置詞って、

学生の頃に覚えた
一つの意味から、

いろんな広がりを感じられると
かなり自由に使えるように
なりますよー(#^.^#)

 

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

 

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です