ちょっと覚えておくと便利な、英語圏との違い【距離・長さ編】

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

今日はちょっと覚えておくと便利な
英語圏との違いをご紹介します。

今日は

距離や長さです。

Photo by Markus Spiske on Unsplash

アメリカやイギリスでは
長さの単位が
その他多くの国と違っています。

私達日本人は
長さの単位と言えば、

mm,cm,m,km

と言う風に言ってますよね。

それを、彼らは

in.,ft.,yd.,ml.

と言う風なシステムで言っています。

ぱっと見ると
なんじゃこりゃーって
感じですよね(;^_^A

実はこれらはすべて、
正式名称の略称。

街中ではこの略称を
見ることが多いです。

1つずつ、
説明していきますね。

 

★in. インチ

 は

 2.54cmです。

★ft. フィート

 は
 30.48cmです。

フィートとインチの関係は

12インチが1フィート。

身長を表すときには
このフィートとインチを使うことが
多いです。

154cmの私は、
大体5フィートです。

アメリカにいた時、
私の周りは背の高い人が多くて、

6フィート(約180cm)越えの人が
多かったです。

「俺は6フィート1インチ」

「俺は6フィート2インチだー」

って競争してる人がいました笑

自分の身長をフィートやインチで
覚えておくと、

他の人の身長をその単位で聞いたときに
何となく推測ができるので
おススメです。

 

★yd. ヤード

 は
 91.4cmです。

3フィートで
1ヤードになります。

短めの距離を表すときに
ヤードを使うことがありますね。

以前日本で日本語を教えていた時、
アメリカの人が運転免許を取りたいのに、

「曲がりたいところの
 30m手前でウィンカーを出す」

というルールの

「30m」が感覚的につかめなくって
苦労したのを見たことがあります。

そんな人がいたら、

32ヤード手前くらいで
ウィンカー出すんだよ、

と言ってあげればいいわけですね。

★ml. マイル

 は
 1.609kmです。

1,760ヤードが
1マイルになります。

車などで行く距離になってくると、
マイルを使います。

自動車の距離の表示も
マイルになってますよー。

例えばアメリカの車道でよく見かける

「時速60マイル」の表示。

それは「時速約79km」のこと。

日本では時速60kmな気がしますが、
それより約20km速いんですねー。

 

アメリカはこの単位が一般的。

イギリスでも公共的には
メートル法を普及させているそうですが、

日常生活では
インチ、フィートなどを
使っているそうです。

アメリカやイギリス圏の人が
長さや距離について話しているとき、

それから、
私達が彼らに
長さや距離について説明する時。

これを知っていると
役に立ちますよ(#^.^#)

インターネットでは
簡単に換算してくれるものもあるので、
それを使うのも便利だと思います。

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です