「どういたしまして」のYou’re welcome.以外の言い方、知りたくありませんか?

おはようございます、
「知ってる」英語を「使える」英語にするトレーニングで
英検3級レベルでもホントに聞ける・話せるようになる
オトナのオンライン英会話レッスン
講師、伊藤しほこです。

 

今日は
「どういたしまして」
のいろんな言い方を
学びましょうー!

日本語でも
「どういたしまして」
って言うより、

「いえいえー」
「とんでもない」

って言ったりしますからね、

英語でも
その場その場で使い分けられると
いいですよね(#^.^#)

 

★Don’t mention it.

直訳すると、

「それについて言及しないでください」
です。

まぁ、

「お礼には及びません」

っていう感じですかね!

 

★I’m happy to help.

「お手伝いできて嬉しいです」

なんかこれ、
聞いたら嬉しくなりそうですよね(#^.^#)

★「My pleasure.」

直訳すると、
「光栄です」っていう感じ。

これね、
私イケメンにそう言われてみたいと
常々思ってます笑

ここまでは
フォーマルなところでも
使える表現。

あ、もちろん

You’re welcome,も
フォーマルで使えます。

ここからはカジュアルな言い方を。

★No problem.

問題ないですよ、
大したことないですよ、

っていう感じ。

★Anytime.

これもねぇー
さらっとしててかっこいいなと
思う表現です。

「いつでもどうぞ」
そんな感じですね。

=====

怒涛のように

「どういたしまして」
の言い方をご紹介しました(#^.^#)

気に入ったものを
練習してみてくださいねぇー。

 

Photo by Leo Rivas on Unsplash

 

=====

無料のメールレッスンに登録すると、
このようなコラムはもちろん、
ブログで公開していない
私のレッスンのメソッドの一部を使った学習方法や
動画付きのミニレッスンが
ほぼ毎日届きます。
登録はこちらをクリック

私の実際のレッスンにご興味のある方
「もっと伊藤しほこがどういう人なのか
 知ってから検討したいな」という方のために、
skypeやライン、メッセンジャー通話で個別相談を行っています。
以下のリンクよりご連絡ください。
個別相談をする

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です